レーシック失敗しない理由は?

手足が自由でないのも辛い...耳が聞こえないのも不自由・・・五体満足とは、よく言った言葉ですね。
人間の体はすべてが正常に働いているからこそ違和感なく暮らすことができるのです。

視力が良くないのもとても厄介なんです。
めがねやコンタクトレンズなどで矯正をおこなえばいいだけの話だけなんですが維持費がかかったり、 手間隙がかっかたりするばかりではありません。 よく体を動かすからメガネは不便、だけどコンタクトレンズは嫌い・・・そのような方もいますよね。

そのような人は、「レーシックの手術」はどうでしょうか?
レーシックは知らないとおっしゃる方も多いかと思います。
ひと言でいえば「視力を回復するための治療法」です。
日本人にしてみれば、「視力回復のために手術?」と一歩引いてしまいがちですが、 アメリカから上陸した「レーシック手術」は、アメリカ人にとっては一般的なことなのです。

日本では2000年にレーシックの治療が認可され、ゆっくりと治療を希望する方は、増えています。 世間に広まったレーシックを簡単に言うとレーザーで角膜を削り、屈折率を変えることで焦点を合わせます。 レーザーで角膜を削るの?と聞いただけで、怖くなっちゃいますよね?

でもレーシック手術は、両眼で30分くらいと短い時間で終わり、入院の必要はありません。 また、それまでに事前の詳しい説明があったり、いくつかの検査があったり、レーシック治療後の検査があったりします。 レーシックの手術前の説明をちゃんと受け、自分で納得した場合のみレーシック手術を受けることは大切だと思います。


メニュー