背屈(スマートフォン対応ページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 背屈とは、手首や足首の曲げ方の向きのひとつで、手の甲(=手背)や足の甲(=足背)の側に関節を運動させる向きのこと。背屈と反対向きの動きは、では掌屈では底屈という。

言語表記発音、読み方
日本語医学背屈はいくつ
英語dorsiflexionドルスィフクション
dorsal flexionーサル・フクション

 背屈は、本来、みなそれらの関節の「伸展」(「まっすぐに伸ばす」意味)の動きと定義されているので、伸展と呼んでもよい。しかし、たとえば手首の場合、手首をずっとそらせる(手首をかえす)動きの結果、手の甲は前腕にかえって近づくし、足首の場合、足を下に向ける屈曲の動きですね下腿)と足がまっすぐになり、逆に伸展の動きで足の甲とすねが近づく、というように、ふつうの「屈曲」と「伸展」といいにくい。そこで、手や足の運動では「伸展」と「屈曲」の他に、「背屈」と「掌屈」(手の場合)または「底屈」(足の場合)という名前で呼んでもいいことになっている。

カテゴリー: 運動 | 方向 | 上肢 | | 下肢 |


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文や図を他に転載しないでください(内容に間違いがあるかもしれませんし、その間違いはその後このサイト上でしか修正されることはないでしょう)。