(スマートフォン対応ページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 とは、筋肉、特に骨格筋で、筋の本体(筋腹?)の端や途中についている丈夫なひも状の結合組織コラーゲン線維がびっしりと配列してできている。

言語表記発音、読み方
日本語医学けん
英語tendonンドン
sinewスィニュー
ラテン語tendoテンド

 腱そのものは収縮したりしないが、筋肉が収縮したときの引っ張り力を、筋肉がついているなどに伝え、骨を引っ張るはたらきがある。非常に強い力に耐え、衝撃を吸収できるように弾力性もある。肉眼で見ると白または白銀色の光沢がある。アキレス腱が有名。

腱の構造

 結合組織のうち、密性結合組織線維性結合組織?などに分類される。コラーゲン線維がびっしりとすきまなく配列し、束になっている。このコラーゲン線維をつくった細胞は、腱細胞?と呼ばれる線維芽細胞の一種で、コラーゲン線維のすき間に点在している。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 |


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。