臓器(スマートフォン対応ページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 臓器とは、ときによって

  • 器官とほぼ同じ意味で使ったり、
  • 内臓と同じ意味で使ったりする言葉。
言語表記発音、読み方
日本語医学臓器ぞうき

臓器(「器官」の意味で)

詳細は器官の項目にあります

臓器を、器官と同じ意味で使うことがある。器官とは、体を作っている構造を、機能や形ごとのまとまりとして考えたときの単位。

言語表記発音、読み方
日本語医学器官きかん
臓器ぞうき
英語organ *ーガン
ラテン語organaオルガナ
* 楽器のオルガンも organ である

 「臓器移植」は、ふつう皮膚角膜?など、体の表面にある器官(=内臓ではない)の移植も含む。

 臓器をこの意味で使うとき、臓器と器官の違いは、器官は多細胞生物なら動物でも植物でも使う言葉だが、臓器は動物だけに使う言葉であること。

臓器(「内臓」の意味で)

詳細は内臓の項目にあります

臓器を、内臓の意味で使うことがある。内臓とは、体の内側にあるいくつかの空洞の中におさまっている器官のこと。頭蓋腔胸腔腹腔などにある器官のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学内臓ないぞう
英語internal organインーナル・ーガン
ラテン語単数viscusウィスクス
複数visceraウィスケラ

カテゴリー: 器官


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。