骨幹(スマートフォン対応ページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 骨幹とは、の部分の名前で、細長い形をした骨(長骨、長管骨)の両端以外の棒状の部分のこと。長骨の両端にあって関節をつくったりしている特殊化した部分は骨端?(こったん、こつたん)。骨幹では緻密骨?が筒状になっていて内部に骨髄の空洞がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨幹こっかん、こつかん
英語・ラテン語diaphysisダイフィシス
英語shaft of boneシャフト・オブ・ウン

 骨幹と骨端?の境界は、骨端線?と呼ばれる。成長しつつある骨の骨端線には、骨幹と骨端にはさまれるように板状の骨端軟骨?骨端板?)があり、この軟骨が厚くなっていくことで骨が長くなっていく(骨の成長)。骨端板の軟骨が石灰化?してに変わるとその骨の成長が止まる。成長の止まったおとなの骨端線には骨端軟骨がない。

カテゴリー: 骨格系 | 運動器系 |


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。