くるぶし(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 くるぶし(踝)とは、足首内側外側にでっぱっている部分のこと。これは、すね(下腿)のが体の表面から触れるぐらい膨らんでいることによってつくられている。

言語表記発音、読み方
日本語医学果 *
一般踝 *くるぶし
英語・ラテン語malleolus(英語読み)マリーラス
(ラテン語読み)マレオルス
* くるぶしの本来の漢字「踝」は解剖学では用いず、足へんをとった「果」をかわりに使う。異体字を参照

 くるぶしのでっぱりは、足首の内側と外側にあり、それぞれ内果?(=内くるぶし)、外果?(=外くるぶし)という。内果は、すねの内側の骨(=脛骨)のでっぱり、外果は、すねの外側の骨(=腓骨)のでっぱりに対応する。足首の内部で、内果と外果にはさまれた部分には、足首の骨(足根骨)のひとつの距骨?がはまりこんでおり、それを内側と外側から脛骨と腓骨が挟み込んで押さえている形になっている。これが足首の関節(=足関節)である。

カテゴリー: 体の部位 | 下肢 | 下腿 |


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。