オッディの括約筋(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

胆膵管膨大部括約筋でこの項目を参照しています

 オッディの括約筋とは、胆汁?膵液?とが十二指腸に流れ込むのを調節する。胆汁と膵液が十二指腸に流れ込む胆膵管?で、十二指腸につながる直前の部分で管を取り囲んでいる筋(括約筋)の層のこと。オッディの括約筋が収縮していると、管が閉じて、胆汁と膵液が流れない。

言語表記発音、読み方
日本語医学オッディの括約筋*オッディのかつやくきん
胆膵管膨大部括約筋たんすいかんぼうだいぶかつやくきん
英語Oddi's sphincter*ッディズ スフィンクター
sphincter of hepatopancreatic ampullaフィンクター・オブ・ヘパト-パンクリティック・ンピュラ
* オッディ(Oddi)は人名。ルッジェーロ・オッディ Ruggero Oddi から

 胆汁が十二指腸に流れ込む胆管総胆管?)と、膵液が十二指腸に流れ込む膵管主膵管?)とは、十二指腸の直前で合流し、胆膵管?となる。胆膵管が十二指腸に合流するところは、接続した管が十二指腸の内側に向かって飛び出した形になっているが、これは大十二指腸乳頭(ファーター乳頭)という。この部分の内部に平滑筋の括約筋がある。

カテゴリー: 消化管 | 消化器系 | 腹部 | 十二指腸? | 胆嚢? | 膵臓 | 平滑筋 | 人名付


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他に転載しないでください(内容に間違いがあるかもしれませんし、その間違いはその後このサイト上でしか修正されることはないでしょう)。