上行大動脈(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 上行大動脈とは、心臓左心室を出た大動脈の最初の部分で、大動脈が上方に向かう部分のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学上行大動脈じょうこうだいどうみゃく
英語ascending aortaンディング・エイウタ
ラテン語aorta ascendensアオルタ・アスケンデンス

 大動脈のうちでも最も太く、体格によるが直径4〜5 cmほどもある。長さは10 cm もないほどの短い部分。上行大動脈のあとは弧を描くように方向を変え(大動脈弓)、下向きに進む下行大動脈?になる。

 上行大動脈は左心室を出たところから始まるが、左心室の出口には大動脈弁がある。上行大動脈の下部、大動脈弁の付近は膨らむように太くなっており、大動脈球?という。そこからは2本の冠状動脈左冠状動脈?右冠状動脈?)が枝分かれして心臓血液を供給する。上行大動脈から分かれる動脈はこの2本だけである。

 上行大動脈全体を心膜心膜腔?が囲んでいる。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 胸部 | 血管 | 動脈


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。