側屈(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 側屈(そっくつ、lateral bending, lateral flexion)とは、運動の方向の用語で、頭部体幹の上部(腰から上)を真横に傾ける(曲げる)運動の向きのこと。ここでいう真横に傾けるとは、体の運動が前頭面内におさまる動きのことで、前方に傾く前屈?や後方に傾く後屈?、あるいは水平方向に回す動き(回旋)は含まれない。

 側屈の運動に直接関与する関節は、脊柱をつくる椎骨とその間の椎間結合?椎間板)。これに加えて、脊柱とともに動く頭蓋骨や体幹の骨格(肋骨胸骨寛骨など)も関与する。頭部の側屈はおもに頚椎の側屈により、体幹の側屈は胸椎腰椎の側屈により起こる。

 側屈を制御する筋は各部分の脊柱起立筋?など。これに、頭部の側屈(頚椎の側屈)では胸鎖乳突筋?なども関与し、体幹の側屈(胸椎腰椎の側屈)では腹壁筋腹直筋?外腹斜筋など)も関与する。


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。