前鋸筋(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 前鋸筋とは、肩甲骨深層?(肩甲骨の裏側または肩甲骨の前方)を走る骨格筋)。別の言い方をすると、肩甲骨のある胸郭肋骨でできた胸壁)とのすき間にある平べったい筋。胸郭に対して肩甲骨(とそれにつながる上肢全体)を外側前方に引っ張るはたらきがある。

言語表記発音、読み方
日本語医学前鋸筋ぜんきょきん
英語serratus anterior (muscle)ータス・アンティリア―(・ッスル)
anterior serratus muscleアンティリア―・セイタス・ッスル
ラテン語musculus serattus anteriorムスクルス・セラトゥス・アンテリオール

 前鋸筋の名前は、前方にあるノコギリ形の筋の意味で、前鋸筋が肋骨につく部分の端(前鋸筋の起始部)の形が、肋骨ごとに三角形に入り組んでギザギザしている形から。ノコギリの名前のつくもうひとつの筋である後鋸筋?は、背骨椎骨棘突起?)と肋骨をつないでいる深部にあるなので、こちらは肩甲骨に付く筋ではなく、前鋸筋と逆の働きをする筋という訳ではない。

起始と停止

 前鋸筋は肩甲骨胸郭(をつくる肋骨)をつないでいる。「起始」は胸郭の側面で多数の肋骨からはじまる。肩甲骨に付いている側が「停止」にあたり、肩甲骨の内側縁?に付いている。

働き

 前鋸筋が収縮すると肩甲骨の内側縁を外側前方に引き寄せることになる。この動きは、鎖骨と肩甲骨からなる上肢帯正中から離す動きなので、上肢帯の外転にあたる。

 前鋸筋の拮抗筋?は、肩甲骨を内側に引き寄せる(=内転させる)菱形筋?小胸筋?僧帽筋など。

神経と血管

 前鋸筋の支配神経?腕神経叢から出る長胸神経?

 前鋸筋に血液を供給する血管は2つあり、肩甲骨内側からの外側胸動脈?と、肩甲骨外側からの胸背動脈?から血液を供給される。これらの血管は、肩甲骨の深層(前方)の前鋸筋の近くで吻合?する。外側胸動脈?腋窩動脈?の枝で、前鋸筋の他に肩甲下筋へ行く血管。胸背動脈?は腋窩動脈から分かれた肩甲下動脈?の枝で、前鋸筋の他に広背筋?に行く血管。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 上肢帯 | 胸部


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。