動眼神経副核(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は、エディンガー=ウェストファル核の項目にあります

 動眼神経副核とは、エディンガー=ウェストファル核とも呼ばれる、中脳にある神経核のひとつ。自律性の神経核で、眼球内部にある平滑筋内眼筋)を支配する自律性?副交感性?)のニューロン細胞体のある場所。この神経核から出る神経線維は、第3脳神経動眼神経の一部として中脳を出るので、脳神経核?のひとつである。

言語表記発音、読み方
日本語医学エディンガー=ウェストファル核*エディンガー=ウェストファルかく
動眼神経副核どうがんしんけいふくかく
英語Edinger-Westphal nucleus*ディンガー・ウェストファル・クリアス
accessory nucleus of oculomotor nerveアクサリー・クリアス・オブ・オキュローター・ーヴ
ラテン語nuclei accessorii nervi oculomotoriiヌクレイ・アクケソリイ・ネルウィ・オクロモトリイ
* エディンガー(Edinger)とは、19世紀後半から20世紀初頭のドイツの解剖学・神経学者 ルートヴィッヒ・エディンガー?(Lutwig Edinger)のこと。ウェストファル(Westphal)とは、19世紀後半のドイツの神経病理学者、カール・フリードリヒ・オットー・ウェストファル?(Carl Friedrich Otto Westphal)のこと。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 神経核 | | 脳幹 | 中脳 | 脳神経


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。