動静脈吻合(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 動静脈吻合とは、毛細血管を間に挟まずに、動脈静脈が直接つながっている構造のこと。血流量の調節などのために、もとからそういうつながりかたをする血管があることもあるし、病的変化として出てくる場合もある。

言語表記発音、読み方
日本語医学動静脈吻合どうじょうみゃくふんごう
英語arteriovenous anastomosisアーティリオ-ヴィーナス・アナストウスィス
arteriovenous communicationアーティリオ-ヴィーナス・コミュニイション
arteriolovenular anastomosis *アーティリオーロ-ヴィニュラー・アナストウスィス
ラテン語anastomosis arteriovenosaアナストモースィス・アルテリオウェノーサ
anastomosis arteriolovenularis *アナストモースィス・アルテリオロウェヌラリス
* arteriolo- は、arteriole(細動脈?)、venular (venularis) は、venule(細静脈?)を指す

 通常の血管のつながりかたは、動脈毛細血管静脈である。毛細血管の壁は薄いため、血液中を運ばれてきた酸素や栄養などが血管から外に出ていったり、二酸化炭素や老廃物が血管に入ってくるのも毛細血管だけ。もし、動脈から直接静脈につながると、この機能は発揮されないので、普通は動脈と静脈が直接つながることはない。

 動静脈吻合のひとつの例は、皮膚血管。皮膚には毛細血管を通らない動静脈吻合があり、暑熱時には、細動脈の平滑筋が弛緩し動静脈吻合が開き、血流が増加することで、体熱を放散する。寒冷時には、細動脈の平滑筋が収縮し動静脈吻合が閉じ、血流が減少することで、体熱を保持する。これらの働きはいずれも交感神経の働きである。別の例は、陰茎海綿体。海綿体には海綿体洞?という静脈洞?(血液がたまりやすい内部の広い静脈)がたくさん詰まっている。動脈から毛細血管を通って海綿体の外の静脈に流れるのとは別に、動脈から海綿体洞に流れる動静脈吻合がある。陰茎勃起のとき、副交感神経?の働きで海綿体洞につながる動脈が広がり、海綿体洞に血液がたくさん流れ込む。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 血管 | 動脈 | 静脈


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他に転載しないでください(内容に間違いがあるかもしれませんし、その間違いはその後このサイト上でしか修正されることはないでしょう)。