単層円柱上皮(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 単層円柱上皮とは、上皮細胞の形と並び方で分類したときのひとつのタイプ。細胞が平面的に1層に並んでいる上皮(=単層上皮)の一種で、ひとつひとつの細胞の背が高く、上皮にそのぶん厚みがある。1個の細胞の形に注目すると、横幅よりも高さが高い(=円柱型の)細胞からできている上皮のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学単層円柱上皮たんそうえんちゅうじょうひ
英語simple columnar epitheliumスィンプル・コムナー・エピスィーリアム

 単層円柱上皮では、細胞の間はお互いにがっちりと結合しあっているため、物質が上皮の反対側へ漏れでることはない。ただし、細胞が1層しかないのでひっかかれたりするとすぐ破れるため、傷付きやすい場所には使えない。

 また、1個の細胞の体積が大きく、細胞小器官が豊富で、細胞活動が活発なのが特徴。細胞が上皮の反対側に物質を輸送したり、何か物質を分泌したりなどが行われる場所になっている。

 単層円柱上皮は、小腸大腸子宮などの粘膜上皮腎臓集合管?の上皮など。

- 「円柱上皮」には、単層円柱上皮のほかにも、多列円柱上皮、重層円柱上皮もある。
- 「単層上皮」には、単層円柱上皮以外にも、単層立方上皮単層扁平上皮などがある

カテゴリー: 上皮組織 | 組織分類


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。