外腹斜筋(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 外腹斜筋とは、おなかのかべ(腹壁)にある筋肉腹壁筋、一般にいう腹筋)のうち、わき腹(側腹部?)にある何層かの筋のうちの一番表面側にある筋のこと。外腹斜筋は、側腹部?の上部、わきの下の近くからはじまり、腹部前面から鼠径部、腰骨(腸骨)のあたりまで広い部分へ向けて斜めに走る筋。

言語表記発音、読み方
日本語医学外腹斜筋 *がいふくしゃきん
英語abdominal external oblique (muscle) *アブミナル・エクスーナル・オブーク(・ッスル)
external oblique (muscle) *エクスーナル・オブーク(・ッスル)
ラテン語musculus obliquus externus abdominisムスクルス・オブリクース・エクステルヌス・アブドミニス
*名前は、腹部を斜めに走ること(斜、oblique)、一番表層(外層)にあること(外、external) から来ている

 おなかのかべ(腹壁)の側面(側腹壁?)から前面にかけての腹壁筋側腹筋?(群)という。側腹筋群には皮膚に近い側から順に、外腹斜筋、内腹斜筋?腹横筋?がある。

 外腹斜筋の起始は、肋骨の下半分(第5肋骨以下、第12肋骨まで)で、そこから前下方に向かって斜めに走る。停止は 下の1~3 までの幅広い部分。

  1. 腹直筋?をつつむ腱膜?である腹直筋鞘?
  2. 1の外側の鼠径靱帯?恥骨結合?から上前腸骨棘?)まで)、
  3. 2のさらに外側で、腸骨(いわゆる腰骨)の上縁(上前腸骨棘?から腸骨稜まで)

 働きは、他の腹壁筋とともに、腹腔(おなかの内臓のある空間)の中にある内臓を守り、排便?などのとき、おなかに力を入れて、腹腔の容積を減らし、便を押し出すのに働く。また、体を前や横に曲げたり、ひねったりといった動作や、腹式呼吸時の呼気や歌を歌うときにも働く。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 腹部


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。