室間孔(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

モンロー孔でこの項目を参照しています

 室間孔とは、または、モンロー孔とは、脳内の空洞である脳室のうち、左右の側脳室第3脳室とをつなぐ穴のこと。第3脳室の左右に左右1対ある。

言語表記発音、読み方
日本語医学室間孔しつかんこう
モンロー孔 *モンローこう
英語interventricular foramenインターヴェントゥキュラー・フォレイメン
Monro foramen, Monro's foramen *モンー・フォレイメン、モンーズ・フォレイメン
ラテン語foramen interventriculareフォラーメン・インテルウェントゥリクラーレ
* モンローは、スコットランドの解剖学者、生物学者のアレクサンダー・モンローII世?(Alexander Monro Secundus)から。

 室間孔は、側脳室第3脳室の間をつなぐ小さな穴。第3脳室と側脳室とは、第3脳室の前端付近と、側脳室の前角?のところがくっついていて、そこに室間孔が開いている。その場所は、第3脳室左右には間脳視床があるが、視床の前端のあたり。

 脳室内には脳脊髄液が流れているが、側脳室と第3脳室の脳脊髄液はここで通じている。側脳室や第3脳室では、脳室の内側の壁の一部には、脳脊髄液をつくる脈絡叢があるが、側脳室と第3脳室の脈絡叢は室間孔でつながっている。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 頭頚部


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。