房室弁(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 房室弁(ぼうしつべん)とは、心臓内にある(逆流防止の開閉する仕切り)で、心房心室?の間にあるもののこと。心房が収縮して血液が心室に送られるときは開き、心室が収縮して血液が動脈に送られるときには閉じることで血液が心房に逆流するのを防ぐ。右心房右心室の間の右房室弁と、左心房左心室の間の左房室弁?がある。この2つの構造は似ているが、弁のパタパタ動く部分の枚数が右房室弁では3枚、左房室弁では2枚であることが違っている。右房室弁の別名は三尖弁、左房室弁の別名は僧帽弁(または二尖弁)。

言語表記発音、読み方
日本語医学房室弁ぼうしつべん
英語atrioventricular valveエイトゥリオ-ヴェントゥリキュラー・ヴァルヴ

房室弁の構造

 房室弁は、ヨットの帆のような形をした弁で、弁尖?(帆の布の部分)、腱索?(帆を支えるヒモ)、乳頭筋?(ヒモと船体をつなぐ部分)などからできている。弁尖とは、2枚または3枚の膜状に飛び出した、パタパタ動く部分(=弁尖)のことで、心房心室?の間はこの弁尖でふさがれる。腱索は弁尖の先端部と心室内に飛び出した筋である乳頭筋とをつなぐひもで、弁尖は心室側か支えられている。このため、弁尖は心房側から押されると心室側には倒れることができるが、心室の側から押されても腱索がささえになって心房の側には倒れない。

 心臓内には心室?動脈の間にもがあるが、こちらの弁は房室弁とは構造が全く違っていて、むしろ静脈弁?に似ている。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 胸部 | 心臓


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。