水平断(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 水平断とは、体を水平方向に切る断面の取り方の向きのこと。立っている人体(=解剖学的正位)に対して考えるのが普通で、その場合、水平断は体の横断?と同じ意味になり、体を上下に分けるような断面の向き。水平断で得られる断面を、水平面(水平断面)という。

言語表記発音、読み方
日本語医学水平断すいへいだん
英語Horizontal section *ホリンタル・クション

 水平断は、CTMRIなどの断層像?でよく使う断面の向き。断面を取る位置を変えると、少しずつずれた水平面を無数につくることができる。

 水平断は、体全体の断面、とくに頭部体幹(=胴体)の断面を考えるときによく使う。取り出した臓器や、上肢下肢などでは、その構造の長い向き(長軸)に直交する向きの断面=「横断」という言い方を使う。取り出した臓器に対して「水平断」を使うのは、(特に大脳間脳)のとき。

カテゴリー: 方向


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他に転載しないでください(内容に間違いがあるかもしれませんし、その間違いはその後このサイト上でしか修正されることはないでしょう)。