筋組織(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 筋組織とは、動物の体を作っている組織のひとつで、4つの基本組織分類のうちのひとつ。(筋肉)をつくっている組織のこと。 (´・ω・`)

言語表記発音、読み方
日本語医学筋組織きんそしき
英語muscle tissueマッスル・ティシュー
muscular tissueスキュラー・ティシュー

 筋組織の特徴は、筋細胞からできている点。神経の興奮が伝えられることなどが引き金になって、筋細胞1個1個は、電気的に興奮すると収縮することができる。たいてい1つ1つの筋細胞が細長い形をしているので、筋細胞のことを筋線維ともいう。

 この筋線維が一定の向きに配列し、筋組織全体としての長さを変え、引っ張り力をだすことができるようになっている。また筋線維1個1個が収縮しても、これらがお互いにばらばらであれば全体として力を発揮することにはならない。筋線維がその両側の構造を引っ張れるような足場をつくり、支えあっているのも特徴である。

筋組織の分類

 筋組織にはいろいろなタイプがある。筋組織の性質の違いを元に、筋組織をいろいろ分類して考えることがある。どれもよく使われる分類。

細胞の構造:横紋筋と平滑筋

 ひとつひとつの筋線維を顕微鏡で観察したときに、細胞内に横紋が見えるかどうかで分けた分類。横紋が見えるのを横紋筋、見えないのを平滑筋という。

収縮のコントロール:随意筋と不随意筋

 自分の意思で自由に収縮を起こせるのが随意筋で、体が自動的に勝手にコントロールしていて、意識的に収縮させることができないのが、不随意筋

どこにあるか:骨格筋・心筋・平滑筋

 体の中で主にどこで使われているか、存在する場所による分類。

骨格筋
ふつうにイメージする「筋肉」のことで、手足?胴体?など、体の各部にある筋はみなこのタイプ。すべて横紋筋で、たいていの場合は随意筋。典型的な場合では、筋は紡錘型?をしている(中央部が太く、両端がだんだん細くなる)。両端は靱帯などのこともある)につながっている。筋が力を出し、筋の長さが短くなると、端につながった骨がひっぱられて動く。骨がつくっている骨格にくっついているので骨格筋という。
心筋
心臓の壁を作っている筋。横紋筋不随意筋である。心臓の壁はほぼ筋肉だけでできた厚い壁である。心筋は、骨格筋と似ているところも多いが、細胞の形や、細胞どうしのつながり方など異なっているところもある。一部の心筋は、自分で収縮のリズムをもっていて、心臓の拍動は神経ではなく、そこから起こっている。その細胞を特殊心筋線維という。
平滑筋(内臓筋)
主に内臓などにある筋なので、内臓筋というと意味が通じやすいが、平滑筋と同じものをさしているので、ふつうは平滑筋と呼ぶ習慣。どれも自律神経?によって収縮の調節を受ける不随意筋。たとえば、血管の壁には層をつくった平滑筋がある。また、皮膚鳥肌?をたたせるのも皮膚のについている平滑筋。

対応関係を整理すると下のようになる。

分類の基準分類
どこにある筋か?骨格筋心筋平滑筋
(内臓筋)
筋細胞内に横紋が見えるか?横紋筋平滑筋
自分の意思で収縮できるか?随意筋不随意筋

カテゴリー: 筋組織 | 組織分類 | | 筋系 | 運動器系


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。