筋膜(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 筋膜とは、筋肉骨格筋)の表面を包んでいるのこと。結合組織で、主にコラーゲン線維がびっしりと配列してできる線維牲結合組織?からできている。かなり厚くて強い膜で、筋と周囲の構造の境界をつくり、筋を保護する。

言語表記発音、読み方
日本語医学筋膜きんまく
ラテン語・英語fascia(英語読み)ファスィア
(ラテン語読み)ファスキア

 複数の筋をまとめて包んでいるのもある。皮下組織にある、皮膚の層と筋肉の層を区切る全体の筋膜(浅筋膜)はよく発達する。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他に転載しないでください(内容に間違いがあるかもしれませんし、その間違いはその後このサイト上でしか修正されることはないでしょう)。