細網組織(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 細網組織(さいもうそしき)または細網結合組織(さいもうけつごうそしき)とは、結合組織の一種で、リンパ球?などをたくさん含むリンパ系器官でみられる特殊な組織。細網組織では、細網細胞?細網線維が網目状の構造をつくっており、そのすき間にリンパ球?マクロファージなどの移動(遊走)する細胞や液体などがある。

言語表記発音、読み方
日本語医学細網組織さいもうそしき
英語reticular tissueティキュラー・ティシュー

 細網線維とはレチクリン線維とも呼ばれる、III型コラーゲンでできた、不規則に枝分かれした細い線維。この細網線維を合成して分泌するのが細網細胞?。細網細胞とは、線維芽細胞の特殊化したタイプで、細網線維を作り出すとその場にとどまって、細網細胞と細網線維があわせて3次元的な網目構造をつくる。この網目のすき間に、あるいは網目を足場としてリンパ系の細胞をたくさん保持している。

 細網組織が見られるリンパ系器官とは、リンパ節扁桃脾臓胸腺骨髄など。

 細網細胞?細網線維は、細網組織以外にも見られるため、これらの細胞や線維がある組織をみな細網組織と呼ぶわけではない。

カテゴリー: 結合組織 | 組織分類


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。