結腸ひも(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 結腸ひもとは、結腸のまわりを縦(長軸方向)に走る3本のひも状の盛り上がり。筋肉でできていて、大腸盲腸上行結腸横行結腸下行結腸S状結腸にある。

言語表記発音、読み方
日本語医学結腸ひもけっちょうひも
ラテン語・英語複数teniae coli(英語読み)ティーニー・コーライ
(ラテン語読み)テニアエ・コリ
英語複数colic teniaeコーリック・ティーニー
bands of colonバンズ・オブ・コロン

 結腸の壁をつくる2層の平滑筋層のうち、外側にある縦走筋層?によってできている。消化管の大部分では、壁に2層の平滑筋層内輪走筋?外縦走筋?)がある。小腸などでは2層とも腸を完全に取り巻いているが、結腸では外側(腸の周囲に近い側)の縦走筋が腸のまわりを完全に取り巻かず、3ヶ所だけに集まる。これが結腸ひもである。結腸ひものないところでは、外縦走筋はないか、ごく薄い層になっている。

 結腸ひもは、盲腸上行結腸横行結腸下行結腸S状結腸にあるが、虫垂直腸にはない。虫垂や直腸の筋層は、小腸と同じように2層の筋層で取り巻かれている。3本の結腸ひもにはそれぞれ名前がついているが、その名前は、横行結腸でついている位置によってつけられている。間膜ひも?は後面の横行結腸間膜?のところに、大網ひも?は前面の大網のところ、自由ひも?は下面の何もないところにある。

カテゴリー: 消化器系 | 腹部 | 消化管


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。