肺胞(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 肺胞とは、の中に無数につまっている小さな袋状の空洞。1コのサイズは約0.2mmで、肺全体で数億コもある。肺胞の空洞(肺胞腔?)はすべて気管支につながっていて、呼吸?によって肺が膨らんだりしぼんだりするとき、肺胞では、空気が出入りして膨らんだりしぼんだりする。

言語表記発音、読み方
日本語医学肺胞はいほう
英語pulmonary alveolus *ルモナリー・アルヴィオラス
英語・ラテン語alveolus *,**(英語読み)アルヴィオラス
(ラテン語読み) アルウェオルス
ラテン語alveoli pulmonisアルウェオリ・プルモニス
* alveolus は単数形。複数形は alveoli アルヴィオライ(英語読み)、アルウェオリ(ラテン語読み)
** alveolus だけだと、胞状の(=内部に空洞がある)構造のこと。肺胞以外にも、腺の腺房(腺胞)などでも使うことがあるので、他の臓器の alveolus でないことがわかるときに

 肺胞の空洞を肺胞腔?、それを囲んでいる1層の細胞でできた層を肺胞上皮?という。となりあった肺胞どうしは、ほぼぴったりとくっついて並んでいる。肺胞の間のわずかなすきまには、毛細血管が張り巡らされている。ここで、肺胞内の空気と血管内の血液の間には薄い肺胞の壁しかなく、酸素や二酸化炭素が交換されやすくなっている(ガス交換?)。となりあう肺胞の間のしきり壁(2つの肺胞の肺胞上皮やその間にある毛細血管など)の全体を肺胞壁?という。

 肺胞上皮?は2種類の細胞からできていて、薄く延びるように広がったI型肺胞上皮細胞?(扁平肺胞細胞)と、丸く盛り上がったII型肺胞上皮細胞?(大肺胞細胞)。I型肺胞上皮細胞は主としてガス交換を行い、II型肺胞上皮細胞は、肺サーファクタント?と呼ばれる界面活性剤を肺胞上皮の表面に分泌して、肺胞がうまく広がってふくらみやすくなるように(肺胞の壁がつぶれてくっついたままにならないように)している。

 の中を通っている気管支は枝分かれを繰り返して、直径1~2mm以下の細気管支になり、さらに枝分かれを繰り返してだんだん細くなり、最後は行き止まりになる。行き止まりに近づくにつれて、細気管支の壁には袋状の肺胞がびっしりと並ぶ。細気管支の壁に肺胞がついていない最後の部分を終末細気管支?、肺胞がポツポツとつきはじめている部分を呼吸細気管支?、肺胞が壁にびっしりとならんでいるため、もとの細気管支の壁がなくなる部分を肺胞管?、肺胞管の最後の行き止まりの部分を肺胞嚢?と呼ぶ。

カテゴリー: 呼吸器系 | 胸部


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。