腸間膜(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する情報が小腸間膜にあります

 腸間膜とは、腹部消化管のうち、腹腔の背中側の壁(=後腹壁)にくっついていない部分を、後腹壁につなぎ止めているのこと。血管神経などは、この膜の中を通って消化管に出入りする。内臓脂肪が蓄積される場所でもある。

言語表記発音、読み方
日本語医学腸間膜ちょうかんまく
英語mesenteryッセンテリー
ラテン語mesenteriumメセンテリウム

 解剖学では、普通は消化管についている全体を指すが、一般的な用法では、もっと狭い意味で、小腸間膜の意味で使うことが多い。つまり、小腸をつなぎ止めている膜を指す場合もある。この意味では、小腸間膜を参照。

腸間膜のある消化管

 小腸の壁にあるのが小腸間膜結腸の壁にあるのが結腸間膜である。十二指腸上行結腸下行結腸は、後腹壁にくっついているので、腸間膜がない。

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 腹部 | 小腸 | 大腸


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。