腹腔動脈(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 腹腔動脈とは、大動脈から直接、枝分かれする動脈のひとつで、腹腔内臓のうち、もっとも上部にあるいくつかの内臓(脾臓肝臓膵臓十二指腸など)に血液を供給する。

 大動脈のうち、腹腔を通る部分を腹大動脈というが、腹大動脈からその前方にある腹腔内臓に向かって、大動脈の前面から出る枝は3本ある。上から腹腔動脈、上腸間膜動脈?下腸間膜動脈?で、これらは対をなさず1本ずつしかない血管。

 腹腔動脈は、腹腔の上部(横隔膜のすぐ下、第12胸椎?から第1腰椎?の高さ、膵臓の上端の高さ)にある。腹大動脈から出たあと、1、2cmのところですぐに3つに分かれる。左胃動脈?脾動脈?総肝動脈?の3本。左胃動脈は胃の左側に、脾動脈は膵臓のとなりを通って膵臓に枝を出しながら脾臓に、総肝動脈は、、膵臓、十二指腸に行く枝を出したあと、固有肝動脈(肝動脈?)になる。

 これらの臓器(肝臓以外)から出てきた血液門脈に集まり、肝臓に流れ、肝静脈?を通って大静脈に戻る。したがって、腹腔静脈という血管は存在しない。

 十二指腸膵臓は、上腸間膜動脈?からも血液を受けとる。


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。