足底(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

足の裏足蹠でこの項目を参照しています

 足底とは、の裏、足裏のこと。足のうち、立ったときに地面につける側。踵(かかと)、土踏まず、足の親指の付け根(母指球)から小指の付け根(小指球)までの場所などが含まれる。対義語は足背

言語表記発音、読み方
日本語医学足底そくてい
足蹠そくせき
一般足の裏あしのうら
足裏、?あしうら
ラテン語・英語plantaンタ
英語 soleウル
形容plantarンター

 足底は、足の骨(足根骨中足骨、足の指骨など)を基準にして、それよりも足の裏に近い側をいうことが多い。足の骨よりも足底側にあるものには「足底~」、足の骨よりも足の甲側にあるものには「足背~」の名前をつける。

 ちなみに、足底筋膜?は、足底腱膜?足底動脈弓?足底静脈網?などと同じく、足底の深部にある構造。しかし、足底筋?下腿の後面にある筋。

カテゴリー: 体の部位 | | 下肢


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他に転載しないでください(内容に間違いがあるかもしれませんし、その間違いはその後このサイト上でしか修正されることはないでしょう)。