重層円柱上皮(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 重層円柱上皮とは、上皮細胞の形と並び方で分類したときのひとつのタイプ。細胞が多くの層をなして積み上がってできている上皮(=重層上皮)の一種で、積み上がった細胞層の一番上の層(表面に近い側)の形が、背の高い(=円柱)細胞になっているタイプの上皮のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学重層円柱上皮じゅうそうえんちゅうじょうひ
英語stratified collumnar epitheliumストゥティファイド・コムナー・エピスィーリアム

 重層円柱上皮は、体の限られた場所にしかない、どちらかというと特殊な上皮で、これがあるのは、結膜の奥のほう(結膜円蓋?)や、膀胱から体外?へと尿?を運ぶ尿道の一部など(特に男性の尿道)。重層扁平上皮と同じく、細胞が何層も積み重なっているので、この上皮の両側では、物質の行き来はさえぎられる。細胞が何層もあることから、外部から力がかかったとき丈夫で壊れにくいが、重層扁平上皮ほどではない。体の外側と内部との境界で、上皮が重層扁平上皮とそれ以外との移行部になっているところにある。

 積み重なった、たくさんの細胞層のうち、下のほうの層の細胞は背が高くなく、立方の形をしていて、表面の層の細胞だけが円柱の形をしている。

- 「円柱上皮」には、重層円柱上皮のほかにも、単層円柱上皮、多列円柱上皮がある。
- 「重層上皮」には、重層円柱上皮以外にも、重層扁平上皮重層立方上皮などがある

カテゴリー: 上皮組織 | 組織分類


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。