頭蓋底(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が内頭蓋底?頭蓋窩?にあります

 頭蓋底とは、頭蓋頭蓋骨)のうち、の入っている頭蓋腔の下の壁を作っている部分、つまり脳の下面(脳底)に接する部分のこと。脳のある側(上方)から見える面を内頭蓋底?頭蓋窩?)、脳と反対側、つまり頭蓋を下から見たときの頭蓋の外面を外頭蓋底?というが、内頭蓋底のことを頭蓋底ということもある。

言語表記発音、読み方
日本語医学頭蓋底とうがいてい、ずがいてい *
英語cranial baseレイニアル・イス
skull baseル・キャヴィティ
base of skullイス・オブ・ス
ラテン語basis craniiバスィス・クラニイ
* 読み方は、「とうがい」「ずがい」両方可能

 内頭蓋底?を作るは、頭蓋骨のうち、前頭骨篩骨蝶形骨?側頭骨?後頭骨?内頭蓋底?は、脳の形にぴったり合うようにでこぼこになっていて、また、脳底に出入りする神経(=脳神経)や血管の通る穴がたくさんある。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 運動器系 | | | 頭蓋 | 頭頚部


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。