骨膜(Internet Explorer 6 用のページはこちら)

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 骨膜とは、の表面を覆っている白くて薄い層のこと。主成分はコラーゲン線維で、これがびっしりと詰まって頑丈な膜のようになっている。密性結合組織に分類される。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨膜こつまく
英語・ラテン語periosteum(英語読み)ペリスティアム
(ラテン語読み)ペリオステウム

 骨膜は、関節軟骨?の部分にはない。靭帯がつく場所では靭帯や腱をつくるコラーゲン線維と一体化する。骨膜をつくっているコラーゲン線維の一部は骨内部に入り込んでいるので、骨膜は骨の本体からはがれにくい。骨内部から骨の外側に向かって生えているようなコラーゲン線維の束を、シャーピー線維?と呼ぶ。

 若い骨では骨膜の一番内側、骨の本体と接する層には、骨をつくる細胞が列をなしてならんでおり、骨が成長にともなって太くなるときはここから骨ができてくる。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | 結合組織


<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。