<親と子の伝承うた教室>


第四回 親と子の伝承うた教室

2007年3月27日(火)
<葛飾区金町地区センター>






第四回は「わらべうたと行事唄」

○お正月がござった(東京都の正月の唄)
”交譲木に乗って ゆずりゆずりござった〜

○七草なずな(愛知県の七草の唄)
”なずな・芹・御形・はこべら・仏の座・しずしろ・すずな〜”

○大黒様(静岡県のの手毬唄)
”六つ無病息災に〜”

○一つとや(全国のかぞえうた)では
唄・小太鼓・大太鼓・チャンチキ・拍子木
「おかめさん」の踊りを伝承しました。







第二回 親と子の伝承うた教室

2006年11月28日(火)
葛飾区金町地区センター

あの「葛西神社」(葛西囃子発祥の地)のある街です。



若いお母さんたちと一緒にいろんな子守唄を




ぜひ、子守唄・わらべうたを赤ちゃんに
歌ってあげて、眠らせて、遊んで
伝えていって下さい。




オルゴール(カリンバ)の伴奏で子守唄



二部では
篠笛・重松流祭囃子の
日本の楽器と日本のリズムを
赤ちゃんの肌に沁み込ませました。





<第三回 親と子の伝承うた教室>

2007年1月22日 葛飾区金町地区センター





<一 部>

子守唄と昔ばなし
○おら家のはしご(秋田県の子守唄)
婿取りのはなし
○麦ついて(山梨県の子守唄)
葛の葉伝説
○母がよ(沖縄県の子守唄)
羽衣伝説
○母さん上手な子守唄(岡山県の子守唄)
赤ちゃんが唄う子守唄

<二 部>

わらべうたと昔ばなし
○向う横丁の(東京都の手毬唄)
江戸谷中、笠森稲荷お仙のはなし
○花折りに(富山県の手毬唄)
雛のような姫達が参れ参れと仰れど・・・
○大黒様(静岡県の手毬唄)
四つ世の中良いように
○道成寺(和歌山県の手毬唄)
安珍清姫伝説



いつまでも
わらべうた・子守唄・昔ばなしを
伝承していきましょう。



戻る