<いろはたとえ双六 T>


○朝起きは三文の徳
朝早く起きればなにがしかの利益がある。

○頭隠して尻隠さず
一部の欠点や悪事だけを隠して、全部隠したと思い込んでる。

○当たるも八卦当たらぬも八卦
占いは当たることもあれば、外れることもある。それほど気にすることはない。

○痘痕(あばた)も靨(えくぼ)
恋する者には、あばたもかわいいえくぼに見える。
ひいき目には、なんでもよく見えるものだ。

○虻(あぶ)蜂(はち)取らず
二つのものを両方とも得ようとすると
どちらも手に入らなくなる。欲張りすぎて損をする。

○阿呆につける薬はない
ばか者を教え導く方法はない。ばか者に対してあきらめていう。

○雨降って地固まる
ごたごたが起こったために、かえってものごとが落ち着きおさまる。

○案ずるより生むが易し
ものごとは、いざ実行してみると、前もって心配していたほど難しいものではない。
取り越し苦労はやめたほうがよい。

○石の上にも三年
石のような冷たいものの上にも、三年間すわり続ければ暖まる。
万事辛抱強くやれば、道が開けてくる。

○急がば回れ
急いで事をしようとするときは、危険な近道をせず
遠回りでも着実な方法に従ったほうが、かえって早く正確に達することができる。

○一を聞いて十を知る
ものごとの一端を聞いただけで、その全体を悟るほど、理解が早い。

○一寸先は闇
将来のことは、まったく予知できない。

○一寸の虫にも五分の魂
小さく弱いものにも、それなりの思慮や意地があるから、ばかにはできない。

○犬も歩けば棒に当たる
@出歩いていると思いがけない幸運を得ることがある。
Aでしゃばると、とんだ災難に会う。

○命あっての物種
なにごとをするにも命あってのうえのことだ。命は大切にしなければならぬ。

○鰯の頭も信心から
どんなつまらないものでも、信ずる心があれば、ありがたく思われる。

○陰徳あれば陽報あり
人に知られない善行をするものは、必ずよい報いを受けるものだ。

○嘘から出た実
最初は嘘のつもりでいったことが、いつしか真実となって現われる。

○嘘も方便
嘘は悪徳だが、ものごとをうまく運ばせる手段として、ときには必要なこともある。

○鵜の真似する烏
羽の黒さが似ているからといって
鵜の真似をして魚を捕ろうとする烏は、水におぼれる。
自分の能力を考えず、無闇に人真似をする者は失敗する。

○馬の耳に念仏
@人の意見を少しも聞こうとしない。
Aわからない者には、どんなにためになる話を聞かせても無駄だ。
Bいくら言ってもなんの反応もない。

○瓜の蔓に茄子はならぬ
平凡な親からすぐれた子は生まれない。血筋は争えないものである。

○得手に帆をあぐ
@待ち望んだ機会に乗じて勇躍して行動する。
A得意になって調子にのる。

○蝦で鯛を釣る
わずかな元手で大きな利益を得る。

○縁なき衆生は度し難し
仏の広大な智慧と慈悲をもってしても
進んで仏の教えに接しようとしない人々は済度し難い。
人の教えを聞き入れようとしない者は救うことができない。

○縁は異なもの味なもの
男女の縁は常識をもって予測しがたく、不思議でもあり、面白くもあるものだ。

○老いては子に従え
年をとってからは万事子供に任せてこれに従っていくのがよい。
<もと、幼い時には親に従え、嫁いでは夫に従え、に続く封建時代の女性道徳>

○負うた子に教えられて浅瀬を渡る
自分より劣った者にかえって教えられ、啓発されることもある。

○鬼の空念仏
本来無慈悲な者が、うわべだけ慈悲深そうにふるまう。

○鬼の目にも涙
冷酷無慈悲な人でも、ときには情けに感じて、慈悲を施すことがある。

○鬼も十八番茶も出花
醜い女でも年頃になれば、その人なりに魅力がでて美しく見えるものだ。

○溺れる者は藁をも掴む
危急の際には、どんな頼みにならないものにでも、たよろうとするものだ。

○親の心子知らず
親の深い心も知らずに、こどもが勝手なふるまいをする。

○稼ぐに追いつく貧乏なし
いつも一所懸命働いていれば、貧乏に苦しむことはない。

○癩(かつたい)の瘡うらみ
@醜い者が少しでもよいものを見て、うらやむこと。
Aどうにもならないぐちをこぼすこと。

○勝って兜の緒を締めよ
戦いに勝っても油断するな。
成功しても心を許さず用心深く今後に備えよ。

○河童の川流れ
日常得意としていることでも油断をすると、時には失敗を招くことがある。

○禍福はあざなえる縄のごとし
幸福とわざわいは、よりあわせた縄のように表裏一体のもので
今幸福でもいつわざわいに襲われるかわからないものだ。

○果報は寝て待て
幸福は人の力ではどうにもならぬものだから
あせらずに時機を待つがよい。

○烏の行水
短時間にあわただしくすます入浴

○枯れ木も山の賑わい
つまらないものでも、ないよりはましだ。

○可愛い子には旅をさせよ
こどもがほんとうにかわいいなら
甘やかさず世の苦労を経験させたほうが将来のためによい。
<昔は交通が不便だったので、旅はつらいものであった>

○聞いて極楽見て地獄
良いと聞き、実際に経験してみると
案に相違して悪いことばかりだ。

○窮すれば通ず
行き詰ってどうにもならなくなると、かえって活路が見出される。

○窮鼠猫を噛む
絶体絶命の立場に追い詰められて必死になれば
弱者がかえって強者を打ち破ることもある。

○臭いものに蓋
悪事や醜悪な事実が他に漏れないように
間に合わせの手段でおおい隠す。

○腐っても鯛
元来よいものは、たとえ古くなり痛んでも
それなりの値打ちを失わないものだ。

○苦は楽の種
現在の苦労は、将来の安楽を得るための基となる。

○苦しい時の神頼み
日常は神を信仰しない者でも
災難に会ったり困ったりした時は神に助けを求める。
ふだんは寄りつかず、困った時にだけ助けを求める。

○君子危うきにちかよらず
徳のある人は身を慎むから
危険なことは最初からしようとしない。

○芸は身を助く
身についた芸があれば、困窮した時暮らしをたてていくのに役立つ。

○後悔先に立たず
事が済んでしまってから悔やんでも取り返しがつかない。



<いろはたとえ双六 U>
<いろはたとえ双六 V>







戻る