絶叫する妄想力――ダミーページです。このページは練習用です。記述は全てダミーです

FrontPage

絶叫する妄想力のホームページへようこそ!

winter
最終更新日:2008年9月26日
ダミーページです。以下の内容は、全てダミーです。

芥川龍之介先生の「ロードムービー研究」の授業は休講となります。
詳しくはコチラ(芥川先生のHP)を参照してください。

映画シンポジウムの実行委員を募集します。
250周年記念行事映画シンポジウムの開催概要を追加しました。

「絶叫する妄想力」とは?

「絶叫する妄想力」というのはバカ田大学オープン教育センターに設置されているテーマカレッジの名称です。テーマカレッジとは、「それぞれ学際的なテーマをもち、 全学部から集まる教員と学生が共に、 テーマカレッジ生として勉強する制度」のことです(詳しいことを知りたい方はココをクリックしてください)。

「絶叫する妄想力」全体のコンセプト

君も、ひそかに妄想を思い描くときがあるだろう。しかし、《妄想力》は夢見るためだけにあるのではない。それは、人間の意識や社会に深く根を下ろしている。それは人を誤らせることもある。だが、なんといっても人間にとってかけがいのない創造的武器だ。このテーマカレッジでは、基本的に学際的な立場から《妄想力》にアプローチしていく。各演習によって扱う分野も切り口も様々だが、文学・芸術分野、現代社会、歴史の諸相、そしてなによりも人間に焦点が当てられるだろう。その中で、《境界》の乗り越えが試みられる。君に、受験勉強に代表されるような型にはまった思考から抜け出てほしいのだ。世の中には、とりあえず引かれた境界があるものだ。たとえば、男と女、私と他者、勉強と遊び、健康と病気、日本と外国、先進国と後進国、理系と文系、自然と人工、身体と精神、身体内部と身体外部、意識と無意識、伝統とモダン。これらは、一般に対立項と思い込まれているけれど、今こそ、《絶叫》して世界を新鮮な目で見直そうではないか。

「絶叫する妄想力」のゼミ間の《絶叫》

「絶叫する妄想力」の個々のゼミは20人前後の学生から成っています。ゼミのなかでは、学部や学年を《絶叫》して発表や議論が行われています。
また、次年度に「絶叫する妄想力」の他のゼミに参加することでも、テーマカレッジ内部での《絶叫》が実現します。
一つの年度内でのゼミ間における《絶叫》を実現するために、このホームページが作られました。このホームページは「絶叫する妄想力」の参加者の方々のヴァーチャルな広場です。
ヴァーチャルだけでなく、リアルな空間でもゼミ間の《絶叫》を可能にするために、合宿や合同シンポジウムといった行事を開催します。内容の詳細については合同企画をクリックしてください。

このWebSiteについてご意見・ご質問のある方はココへ。

画像の説明

あなたは1536人目の訪問者です

powered by Quick Homepage Maker 3.30
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional